お酒に頼って緊張をほぐそうとするのは間違い

あがり症の人で、お酒に頼って緊張をほぐそうとする人が時々います。
しかしこれは完全に間違った対処で、アルコール依存症になる可能性が高いですから、絶対にやめましょう。

お酒を飲むと確かに緊張がほぐれる

お酒を飲むと、たしかに緊張がほぐれます。
これはアルコールが、緊張のもととなる交感神経の働きを抑制し、副交感神経の働きを活発にさせるからです。

あがり症の人の中には、お酒に頼って緊張をほぐそうとする人が時々います。
特にお酒が強い人の場合だと、少しくらいお酒を飲んでも、人にはわからなかったりもするでしょう。

お酒は、病院で処方してもらう必要がある薬などに比べると、手軽に手に入れることができます。
「症状を改善できるのならいいのではないか」
と思う気持ちも、分からないではありません。

でもこれは、完全に間違った対処です。

お酒に頼るとアルコール依存症になる可能性が高い

あがり症をお酒に頼って改善しようとすると、飲酒量が増えることになります。
アルコールには習慣性がありますから、初めは少し飲んでも緊張をほぐす効果があったものが、次第に量を増やさないと緊張がほぐれなくなってきます。

そうなると、飲酒量が増え、アルコール依存症になる可能性がとても高いです。
アルコール依存症は、体を壊すことにもなりますし、重度になると、日常生活にも支障をきたすようになっていきます。

あがり症は、できるだけ薬やお酒などに頼らず、改善していく方法を選ぶのが望ましいです。
薬については、利用するのはもちろん悪くはありませんが、頼ってしまわず、「どうしても」という場合に限って使用するのがオススメです。

ページの先頭へ戻る