緊張型頭痛というのは病気ですか?

緊張型頭痛は、病気とはいえません。
心身のストレスにより発症する、一種の「症状」です。

緊張型頭痛の症状

緊張型頭痛は、よく「ヘルメットをかぶったような痛み」と表現されます。
頭の周りを締め付けられるような、鈍い痛みが特徴です。

30分ほどで収まるケースもあれば、1週間ほど続くものもあります。
毎日起こる場合もあれば、時々起こることもあります。

痛むのは頭部の全体で、
その他後頭部や首筋などにも痛みが広がることがあります。
家事や仕事は何とかでき、動くと痛みが軽くなります。

めまいや肩こりなどを伴うことも多いです。
ストレッチをしたり、シャワーを浴びたりすると、
多くの場合、痛みは収まります。

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛は、心身のストレスが原因になっています。
原因となるストレスは、多くの場合一つではなく、
複数のストレスが重なっています。

身体のストレスの例としては、以下の様なものがあります。

  • 上半身を前かがみにしてパソコンの操作をする
  • うつむいた姿勢を続ける
  • 長時間車の運転をする
  • 枕が合わない
  • 体の冷え
  • 運動不足

など。

また精神的なストレスの例は、以下の様なものです。

  • 家庭内のトラブルがある
  • 仕事がうまくいかない
  • 長期間試験勉強をしている
  • 仕事が過密

など。

これらのストレスがあると、首から肩、背中にかけての筋肉が緊張します。
それにより筋肉内の血管に老廃物がたまり、
それがまわりの神経を刺激することにより、頭痛が起こります。

精神的ストレスの場合には、筋肉が緊張しなくても、
頭痛が起こることがあります。
神経が緊張することにより、痛みがコントロールできなくなることがあるからです。

治療方法

緊張型頭痛が時々起こる場合には、鎮痛剤で痛みを抑えることができます。
しかし毎日起こる頭痛には、鎮痛剤は効きません。

毎日鎮痛剤を使用すると、
鎮痛剤の乱用が原因で頭痛が起こることもあるので、注意が必要です。

毎日頭痛が起こる場合は、特に精神的ストレスが原因の場合は、
抗うつ剤・抗不安剤などで神経の緊張を抑えることにより、
頭痛が静まることがあります。

ただしこれらは、いずれも根本的な解決にはなりません。
あくまで一時的に使用すると思っていることが大切です。

緊張型頭痛を根本的に解決するには?

緊張型頭痛を根本的に解決するには、
身体および精神の緊張を解きほぐし、
さらにそれが起こらないようにすることが必要です。

それは具体的には次のような方法です。

  • 適度な運動をすることにより筋肉をほぐす
  • マッサージや入浴で血行を促進する
  • 同じ姿勢を取り続けないよう心がける
  • 仕事や作業の際にはこまめに休憩を取るようにする
  • 一日の中でのんびり、ゆったりとした時間を持つ
ページの先頭へ戻る