デパスの効果と主な副作用

あがり症の治療に使われる薬「デパス」の効果と主な副作用を紹介します。

デパスとは?

デパスは不安や緊張感を和らげ、気持ちを落ち着かせる効果があります。
成分は「エチゾラム」で、脳の、気持ちをリラックスさせるための神経受容体「BZD受容体」に結合し、リラックス系神経を活性化する働きがあります。

あがり症の他には、神経症やうつ病など、精神の不具合に用いられる他、心身症のような、自律神経の乱れが原因となる体の不具合にも用いられます。
また筋肉をほぐす作用があり、緊張型頭痛や頚椎症、腰痛、肩こり、痙攣などにも用いられることがあります。

さらに鎮静・催眠作用もあり、同系の薬で睡眠薬として用いられるものもあります。

注意事項

診療にあたって

持病やアレルギーがある人は、あらかじめ医師に伝えるようにしましょう。
妊娠・授乳中は、使用を避けるのが望ましいです。
その場合も必ず医師に伝えましょう。

別の安定剤、抗うつ剤などと飲み合わせると、効果が強くなりすぎたり、副作用が出やすくなったりすることがあります。
服用中の薬がある場合には、必ず医師に伝えましょう。

重症筋無力症や急性の緑内障の人は、使用することができません。
また呼吸器の病気、心臓病、肝臓病、腎臓病、脳に病気のある人、高齢の人は、使用に注意が必要です。

使用にあたって

医師に指示された用法・用量は、必ず守るようにしましょう。
眠くなったり、注意力が低下したりすることがありますので、車の運転などは避けるようにしましょう。

また使用中は、副作用が強まることがありますから、お酒を飲むのは控えましょう。

副作用

デパスは安全性が高いのが特徴で、重い副作用はほとんどありません。
主な副作用は、眠気、ふらつき、だるくなる、脱力感、注意力低下などです。

ただし長期にわたり、多めの薬を飲み続けると、依存が出て薬をやめにくくなることがあります。
また刺激による興奮で取り乱す、呼吸困難になるなどの症状が、まれに出ることがあります。

デパスはあがり症の症状を抑えますが、あがり症そのものを改善することはできません。
頼りすぎず、どうしても必要な場合のみ、服用するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る