レキソタンの効果と主な副作用

レキソタンはあがり症の他、神経症やうつ病、心身症などに使用される薬です。
レキソタンの効果と主な副作用をまとめました。

レキソタンとは?

レキソタンは、不安や緊張を和らげ、気持ちを落ち着かせる効果があります。
あがり症に用いられる他、神経症やうつ病、心身症などにも用いられます。

更年期障害や不眠症、自律神経失調症などにも用いられる他、筋肉をほぐす作用があることから、緊張型頭痛、頚椎症、腰痛、肩こりなどにも使用されます。
副作用が少なく、安全性が高いことから、色々な病気に広く用いられています。

レキソタンの成分は、「ブロマゼパム」です。
脳をリラックスさせる神経受容体である「BZD受容体」に結合し、リラックス系の神経を活性化させる作用があります。

注意事項

診察にあたって

持病やアレルギーのある人、妊娠・授乳中の人は、必ず医師に伝えましょう。
飲み合わせで副作用が出ることがありますので、もし薬を飲んでいる人は、医師に伝えなくてはいけません。

重症の筋無力症の人、急性緑内障の人は使用することができません。
高齢の人は、副作用が出やすいため、少量からスタートする必要があります。

使用にあたって

医師から指示された用法・用量を守りましょう。
服用時は眠気が出たり、注意力が低下したりすることがありますので、車の運転など、危険を伴う作業は避けましょう。

長期にわたって継続的に使用している場合、使用を急にやめると反動が出て、イライラしたり、強い不安を感じたり、体が震えたりの症状が出ることがあります。
自分の判断で使用を中止してはいけません。

副作用

レキソタンは、重い副作用があまりない、安全性が高い薬です。
起こりやすい副作用は、眠気や倦怠感、ふらつき、脱力感などです。

ただし量を多く、長期にわたって継続的に使用すると、依存が出て、薬がやめにくくなることがあります。
また長期にわたって使用すると、徐々に効きが悪くなります。

レキソタンはあがり症の症状を改善はしますが、根本的な治療にはなりません。
あがり症を改善するには、薬の使用は最小限にするのがオススメです。

ページの先頭へ戻る