ソラナックスの効果と主な副作用

あがり症の治療薬「ソラナックス」の効果と、主な副作用を紹介します。

ソラナックスとは?

ソラナックスは、不安や緊張を和らげ、気持ちを落ち着かせる効果があります。
あがり症の他、神経症やうつ病などの精神の不具合、また自律神経の乱れによって起こる心身症などに使われます。
筋肉をほぐす効果もあるので、緊張型頭痛、腰痛、肩こり、けいれんなどに使われることもあります。

ソラナックスの成分は、アルプラゾラムです。
アルプラゾラムは、脳のリラックス系受容体と結合し、リラックス系の神経を活性化させる働きがあります。
同じような系統の薬の中では、作用の強さ、持続時間とも中くらいです。

注意事項

診察にあたって

持病やアレルギーのある人は、必ず医師に伝えましょう。
重度の金雨力症、急性緑内障の人はソラナックスは使えませんし、呼吸器に病気のある人、心臓病、肝臓病、腎臓病、脳に病気のある人、高齢の人も、使用に注意が必要です。

妊娠中・授乳中の人も、必ず医師に伝えましょう。
これらの場合、ソラナックスは使わないほうが望ましいです。

服用中の薬がある人も、必ず医師に伝えましょう。
一部エイズの薬との飲み合わせは禁止されていますし、別の安定剤などと飲みわせると、効果が強く出過ぎたり、副作用が出やすくなります。

使用にあたって

医師から指定された用法・用量は、必ず守るようにしましょう。
安易に使用するのは避け、本当に必要な場合のみに使用するようにしましょう。

副作用

ソラナックスは、比較的安全性が高いのが特徴で、重篤な副作用はほとんどありません。
よくある副作用として、眠気や注意力低下、ふらつき、めまい、倦怠感、脱力感などがありますので、使用する際には車の運転には気を付けましょう。

ただし長期に渡り、多めの量、使用を続けた場合には、依存が出て、薬をやめにくくなることがあります。
またまれに、興奮して取り乱したり、息苦しくなったりなどのことが起こることがあります。

ソラナックスは、あがり症の症状を抑えますが、あがり症を根本から改善するものではありません。
できるだけ薬に頼らず、あがり症を改善する努力をするのがオススメです。

ページの先頭へ戻る