SSRIの効果と主な副作用

SSRIはうつ病に用いられる薬ですが、あがり症の症状も改善します。
SSRIの効果と主な副作用をまとめました。

SSIRとは?

SSRIは、日本語で「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」と呼ばれます。
脳内の神経伝達物質セロトニンが再吸収されて減少することを防ぎ、セロトニンの量を一定に保つ作用があります。

うつ病などの症状、またあがり症の症状は、脳内のセロトニンが不足することも原因の一つです。
SSRIはセロトニンの不足を防ぐことで、うつ病、あがり症などの症状を軽減します。

SSRIはこれまでの抗うつ薬と比べると、副作用が少ないとして、多く利用されています。
しかしそれでも、セロトニン症候群などの副作用はあります。

注意事項

持病やアレルギーのある人、妊娠・授乳中の人は、基本的に使えません。
また肝臓に負担をかけるので、肝機能障害のある人は使えませんし、躁病、てんかん、高齢者の使用にも注意が必要です。

SSRIを使用してアルコールを摂取すると、酔いが回りやすくなるので禁酒の必要があります。
またSSRIは飲み始めてから効果が出るまで、2週間程度の時間がかかります。

副作用

SSRIは比較的副作用が少ないと言われていますが、新薬であるために、副作用が全てわかっていないところもあります。
使用には注意が必要な薬です。

飲み始めには、かえって神経過敏になり、不安になったり、イライラしたりしたりなどが起こることがありますが、それは2週間程度で収まると言われています。
またセロトニン症候群として、混乱したり、発汗、ふるえ、けいれん、発熱などの症状が現れることがあります。

食欲不振や、逆に食欲増加などの食欲異常、それにともなう体重の現象や増加、性欲異常などの症状が見られることもあります。
服用を急にやめると、めまいや頭痛、幻聴などの症状が現れることがあるので、飲み始めたら、医師の指導がない限り、勝手にやめてはいけません。

さらにSSRIは、18歳以下の若者の服用には注意が必要です。
自殺の可能性が高まると言われているからです。

SSRIはあがり症の症状を改善しますが、根本的な治療にはなりません。
薬の服用は必要最低限に留めるように心がけましょう。

ページの先頭へ戻る