ワイパックスの効果と主な副作用

ワイパックスは、あがり症の他、神経症やうつ病、心身症などに使用される薬です。
ワイパックスの効果と主な副作用についてまとめました。

ワイパックスとは?

ワイパックスは、気分をリラックスさせるための薬です。
不安や緊張感を落ち着かせる効果があり、あがり症のほか神経症やうつ病、心身症などに使用されます。

ワイパックスの成分は、「ロラゼパム」です。
脳をリラックスさせる作用のある神経受容体「BZD受容体」に作用することにより、リラックス系の神経を活性化させる働きがあります。

注意事項

診察にあたって

持病・アレルギーのある人、妊娠・授乳中の人は、使用できないことがあります。
医師に相談するようにしましょう。

重症の筋無力症の人、急性緑内障の人は、使用できません。
飲み合わせによって効果が強く出過ぎたり、副作用が出たりすることがありますので、使用中の薬があれば、必ず医師に伝えましょう。

使用にあたって

用法・用量は、医師の指示を守るようにしましょう。
長期にわたり継続的に使用する場合には、自分の判断で飲むのをやめてはいけません。

眠気が出たり、注意力が低下したりすることがあります。
服用中に車を運転するなどのことは避けましょう。

飲酒は、副作用が強くなる恐れがあります。
服用中の飲酒は避けましょう。

副作用

ワイパックスは、副作用が比較的少なく、安全だと言われてします。
起こりやすい副作用は、眠気や倦怠感、脱力感、ふらつきなどです。

薬は長期にわたって使用すると、だんだん効きが悪くなります。
だからといって、薬の量を増やしてしまうと、依存が出てやめにくくなることがあるので注意しましょう。

ワイパックスは、あがり症の症状を軽減しますが、根本治療にはなりません。
あがり症はできる限り薬に頼らず、改善していくように心がけましょう。

ページの先頭へ戻る