催眠療法によるあがり症の治療(根拠が薄いので要注意!)

あがり症の治療方法の一つとして、催眠療法があります。
これは治療効果の根拠がうすく、料金体系も不明朗な上、中には詐欺的なものもありますので注意が必要です。

催眠療法の根拠は薄い

あがり症を催眠療法で治すというクリニックは多いです。
催眠療法とは、「潜在意識」に働きかけることで、あがり症の根本原因を取り除くと称します。

しかし催眠療法は、学問的・臨床的に効果が実証されたものではありません。
さらに催眠療法を行うのに、何らの国家資格などもいりませんので、どのような人が治療を行うかもわかりません。

ですから催眠療法は、効果の根拠は非常に薄いと考えていいです。

催眠療法士の中にも優秀な人はいるかもしれませんし、相性の良い療法士と当たれば、症状が改善されることもあるかもしれません。
しかしそれは、極めて稀なことであり、多くの場合、治療効果はほとんど期待できません。

料金体系も不明朗で中には詐欺的なものもある

催眠療法の料金体系は、不明朗なものが多いです。
1回いくら、1時間いくらなどで決まっていることは少なく、「3ヶ月で40万円」「2日で10万円」などの設定がされることが多いです。

中には詐欺的なクリニックも少なくなく、効果が出ない場合には、さらに追加の治療を求められることもあります。
あがり症の催眠療法には、くれぐれも注意するのがオススメです。

ページの先頭へ戻る