トレーニング(訓練)によるあがり症の改善

あがり症を改善するには、トレーニング(訓練)を行うことが最も効果的です。

あがり症は、「精神的な病気の一種」とみる見方もたしかにあります。
そのような見方では、あがり症を改善するのに薬を飲んだり、精神科のカウンセリングを受けたりすることになります。

これらもたしかに、一時的に症状を改善する効果はあります。
でも根本的な解決にはならないので、長期的に見た場合、あがり症を大きく改善するのは難しいです。

実際には、あがり症は、「ある技術の不足」によるものです。
その技術とは、

  • 人前で話す技術
  • コミュニケーション技術

です。

人前で話をし、それによって聞く人をきちんと納得させるためには、それなりの技術が必要なのは言うまでもないことではないでしょうか?
親しい人と少人数で仲間内の話をするのとは、人前で、場合によっては赤の他人も相手にしながら話をするのは、全く違うことです。

技術を持たずに、人前で話をしてしまうと、当然のことながら、失敗してしまうことになります。
するとそれがトラウマになり、人前で話すのが怖くなり、極度の緊張状態になってしまう・・・。
それがあがり症です。

現在多くの人が、これらの技術を身に付けることにより、2ヶ月足らずで、あがり症を克服しています。

話し方教室ではうまくいかないことも多い

人前で話す技術を身につけようと思う場合、「話し方教室」へ行ったらいいと思う人もいるでしょう。
でもこれは、必ずしもうまくいきません。

身に付けるべきは話す技術だけではない

その理由の一つとして、あがり症は、話す技術を身につけるだけでは改善がむずかしいことが上げられます。
あがってしまう原因は、ただ話し方がヘタだからだけではなく、「人前に出るのが苦手」という、コミュニケーション技術の不足があるからです。
話し方教室では、話し方は教えてくれても、コミュニケーションの仕方については、教えてくれないことが多いです。

講師のレベルによって効果がまったく違ってくる

話し方教室は、講師のレベルも様々です。
中には話し方教室の受講者が、そのまま講師になったような、若い講師も多いようです。
講師のレベルが低ければ、あがり症を改善するなど望むべくもありません。

管理人がおすすめのトレーニング方法

管理人が、「これがいい」と自信を持って勧めるのは、次の2つのDVD教材です。
講師はどちらも経験豊富で、あがり症の改善については実績のある人達です。

教材の価格も安いので、下手にいろいろな方法を試すより、費用も抑えられると思います。

西村順式あがり症克服講座

西村順氏は、元全国放送のアナウンサー。
公務員を経て、27年前からコミュニケーションの問題に関するコーチをし、これまで11万人以上の人に指導を指摘ている人です。

研修を、野村證券、ニトリ、三菱東京UFJ銀行などの民間企業、総務省、財務省、特許庁など官公庁などで幅広く受け持っています。
西村氏の研修は、『B-ing』『月間 地方自治職員研修』など、様々な雑誌ても紹介されています。

DVDの収録時間は86分、

  • 「3分でできる、スピーチに自信が持てるようになるトレーニング」
  • 「なんであがるの? あがりの原因4タイプ」
  • 「症状別、あなたのあがりにこの対処!」

などなど、あがり症を克服するための豊富な内容が含まれます。
さらに電話やメールでの無料相談、無料セミナーへの参加もでき、120日間の返金保証もついていて、価格が19,800円は、「激安」ともいえるものだと思います。

金井英之式あがり症克服法

金井英之氏は、日本話し方センター副所長を経て、1993年、「トーク&コミュニケーションアカデミー」を設立。
現在講師54を擁し、東京や川崎など7ヶ所で話し方教室を行うかたわら、企業・団体で講演、社内研修などを幅広く行っています。

『心に響く知的会話』『ビジネスマンの話し方』『3分間スピーチのコツが面白いほど身につく本』など、著書も多数。
NHK「Rの法則」他テレビにも出演し、新聞や雑誌などでも多数紹介されています。

内容は、74ページのマニュアルと、120分の動画および音声のDVD。
その他に、

  • 「潜在意識を100%使った方法」(10ページ)
  • 「あがり症チェックシート」
  • 「金井英之対談音声書き起こし」(35ページ)
  • 「金井英之対談音声」(100分)

などの豊富な特典が付き、やはりこちらも19,800円です。

ページの先頭へ戻る