金田一少年の事件簿N

今回でドラマとしては4代目となる金田一少年の事件簿ですが、主役は最近人気の高い『山田涼介』です。
彼は何年か前に「古畑中学生」や「探偵学園Q」など、主に推理物のドラマが多いと思います。

原作の金田一少年とはまた違い、明るくてどじっこなところが強調されてさらに面白い。
ヒロインの七瀬美雪の役は川口春奈。佐木竜二役は山田涼介と同じHey!Sey!Jump!の有岡大貴。

この作品はほとんど原作のようで原作ではなく、真壁部長が毎回出ていたり、佐木が毎回参加していたりと原作では味わえない独特の雰囲気漂わせるドラマになっています。
原作では演出ができないことでも、ドラマではできていたりとファンにとってはとても楽しめるドラマになっていると思います。
主題歌も山田涼介が所属するHey!Sey!Jump!の『ウィークエンダー』です。
これもまた作品にあっててとてもいい。

また剣持警部が山口智充で、部下に畠山高徳というキャラがいるのですが、これが実は原作の銀幕の殺人鬼で登場した無名の刑事をピックアップして役にしたそうで、剣持警部と一緒にドタバタと走り回るのがとても見てて楽しいです。
金田一少年の事件簿は長い間ドラマとしても楽しまれてきました。これからももっと楽しい作品になるように思います。

MOZの感想

女性に圧倒的な人気を持つ西島秀俊、実力派の香川照之が出るのだから、おもしろくないわけないでしょうと期待をして見ました。
結果、撃沈。

韓国船の沈没のように傾きながら、沈没していく感じです。
全体的なトーンが暗すぎます。画面が暗いし、話も暗い。

殺し屋が出てきて、その殺し屋をまた殺しに来る悪い奴がでてきます。
しかも、ずーっと暗い。これでもか、これでもかというくらいに暗いです。

有村架純の登場で、なんとか、頑張ってそこだけは明るくしていますが、
このメンバーに彼女では、役不足で、明るくなるどころか、逆に痛い感じすらあります。

本当に毎回暗くて、救いがないまま終わります。もう見るのを辞めようかなと思うのですが、
そこはなんといっても、あの西島様の裸が見られるから、まあ、見ようかなと思いとどまっていますが。

あの鍛えられた肉体と、あの暗さが、いい感じに男の哀愁を身体で表現してます。
哀愁を身体で表せる唯一の俳優さんですね。半同棲はがっかりですが。
このドラマの残念な点は、暗さだけではなく、キャラ設定のミスを感じます。

善人ぶって、実は悪党という役で、長谷川博己が出ていますが、弱いですね。
ここは、むしろ香川照之でしょう。
時代劇に出てくる悪代官のような悪さと存在感を長谷川博己に求めるのは酷ですよ。

というか、かわいそうですよね。透明感が売りの俳優ですから。
そうして、一番の残念ポイントは、ドラマの続きがWOWWOWの有料で見ましょうという事でしょう。

せっかく、おもしろくなってきたのに、これでおしまいはないでしょう。
スポーツの試合の一番いいところで、残念ですが、放送はここまでです。みたいな、それって、視聴者にとっては、むなしさが残ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました