信長のシェフ2 木曜日7時58分から

去年深夜に放送されていた「信長のシェフ」の続編です。
Kis-My-Ft2の玉森裕太くんが、信長につかえることになった平成のシェフを、ひょうひょうと演じていますね。
歴史ものはまったくだめで、人物の名前も覚えられない私ですが、このドラマのおかげでずいぶん歴史に興味を持てるようになりました。
玉森君演じるケンが、「日本史の勉強ちゃんとやっていればよかった」とつぶやくシーンがありますが、聞きながらこころから同意しました・・・。私が学生時代にこのドラマがあったらと思うくらいです。
このドラマが好きなのは、玉森君のファンだからではなく(このドラマを見るまでは、玉森君のことも知らなかったくらいです)、食べ物がおいしそうなドラマだからです。見はじめてから、玉森君のことも好きになりましたが。
ケンが作る料理が、どれも美しく、おいしそうで見ていて楽しいです。

そして、専門的なことはわからないけれど、「医食同源」とは本当だなと感心しています。相手の体調に応じた、栄養があっておいしい、見た目にもきれいな食事を作れるってすごいことですね。
そして、食べ物で人の心を動かすのもすごいなと毎回感心しています。
どの登場人物も魅力的ですが、第6話で出てきた徳川家康を、カンニング竹山さんが演じていて、人のよさそうな、ちょっとぽっちゃりした体格でぴったりでした。
濃姫様は、信長の味方と言っていましたが、どうなんでしょう?

何を考えているかわからない感じがします。
頭が良くて、味方だとしてらこれ以上ないくらい強い味方かも、と思いました。
信長はケンを信頼していますが、ケンへの要求がどんどん無理難題になっていくのが笑えます。

今作からだけど・・・信長のシェフ,”深夜帯の時には観ていませんでした。
会社の先輩は「なに~、仁(JIN)の二番煎じなんじゃないの~?」なんて言っていたので、あまり期待はしていなかったんですが・・・。

歴史には全く詳しくありませんが、それなりに楽しんでいます。
来週が楽しみ!!

どうなるかなぁ、というワクワク感というよりものんびりごろごろしながら楽しめる時代劇、って実はあまり多くないですよね。

ジャニーズにも疎いんですが、主役の玉森君。
キレイな顔ですね~、今時だわぁと思っちゃう私はもうおばさんなんでしょうか。

志田未来ちゃんはつけまとは縁のない楚々とした美人さんなので時代劇には向いていますね。
織田信長のミッチーは赤の衣装がばっちり似合うので、画面に映ると華が違うな~と感心してしまいます。

本妻が斎藤由貴で最初は違和感感じましたが実年齢的にはどうなんでしょうか。

前作を観ていないのでどうして彼がこの時代に来ることになったのかは今作では深く触れられていないので、分かりません。でも未来ちゃん演じる夏さんのためにも、いっそここで信長様のために料理を作って、歴史を変えてしまうくらいガンガン勝ち戦をさせてあげて欲しい気持ちです。

このドラマを観ていると、料理や美味しい食事というのは大事なんだなということはもちろんですが。内助の功とはこのことなのね、ということを考えさせられちゃいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました